通学時間を無駄にしない!大学生のためのスキマ時間活用講座

コラム

突然ですが皆さんの通学時間はどれくらいでしょうか??

下宿生や寮生の方はたった数分という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実家生の中には片道1時間以上、中には片道2時間以上なんて方も…

「通学時間、無駄すぎる…」なんて感じたことのある方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「通学時間が長くて無駄だ!」「スマホを触るしかすることがない!」と嘆いている実家通いの方にこそ送る、「大学生のためのスキマ時間活用講座」です!

自分の通学時間の過ごし方を一度見直すいい機会にしましょう!
オススメのスキマ時間活用方法を実践し、通学時間を有意義なものにしてみませんか?

1. 通学時間こそスキルアップの最大のチャンス

実際に実家生(※実家から大学に通う学生の呼称です)の皆さんの通学時間はどれくらいなのでしょうか?

(独立行政法人 日本学生支援機構 平成28年度 学生生活調査結果より転載)
https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/__icsFiles/afieldfile/2018/06/01/data16_all.pdf


上記のグラフを見ると、下宿先や寮から通学する学生の通学時間は20分以内が約8割を占めているのに対して、自宅から通学する学生の通学時間は31〜60分が約30.4%と最も多く、ついで61〜90分が29.5%でした。

つまり、実家生の約6割が1日に片道30分、往復で1時間を通学時間に使っているのです。

これは1ヶ月に換算すると、およそ20時間にもなります。

たしかに、1ヶ月に20時間を通学に費やしているのは、無駄だと感じても無理はないですね。

しかし、その一方で「僕(私)は実家生に比べて通学時間が短いから、その分多くの時間勉強に費やすことができる!」と意識して、家にいる時間をスキルアップに当てている下宿生や寮生はおそらく、いないはずです。

ということは、通学時間が長い人ほど、一見無駄とも思えるその時間の差を意識して勉強やスキルアップに当てることができ、1ヶ月に20時間も自分のために時間を使うことができるようになるのです。

2. おすすめのスキマ時間活用方法

今回ご紹介するスキマ時間活用方法はこの3つです!

  1. 英語学習
  2. ニュースチェック
  3. 資格勉強

①英語学習

大学生になって「英語の勉強をしたい!」「英語を話せるようになって外国の方とコミュニケーションを取れるようになりたい!」と思っても、家ではなかなかまとまった時間を取るのは難しいですよね。

加えて、今さら文法書や英単語帳を眺めながら机に向かって勉強するのはつまらない…という方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが通学時間を使った英語学習です。

  • 洋画や海外ドラマを観る

Hulu(フールー)

https://www.happyon.jp/display/International%20Movies

価格:月額933円(2週間無料体験あり)

自然な英語の会話表現を学びたいなら、洋画や海外ドラマを見る学習方法がおすすめです。

英語字幕を見ながら英語表現を学んだり、自然な会話表現を学んだりすることができます。ダウンロード機能もあるのでオフラインでの再生も可能です。

  • TEDで世界の著名人のプレゼンを聴く

TEDアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/ted/id376183339?mt=8

価格:無料

リスニング力と合わせて雑学の知識も深めたいなら、 TEDアプリでさまざまな業界の著名人による英語のスピーチを聴く学習方法がおすすめです。

TEDのプレゼンを英語で聴くことにより、英語力だけではなく、各業界の最先端の知識や一流のプレゼンテーション力の向上にも繋がります。
こちらもダウンロード機能があり、オフライン再生にも対応しています。

  • 洋楽を聴きながら歌詞と日本語訳をチェックする

価格:無料

通学時間でも座って動画をじっくり見るようなまとまった時間が取れない方、電車やバスで立って揺られながら音楽を聴くことが多い方にもおすすめの学習方法です。

普段と同じように洋楽を聴きながら歌詞サイトで歌詞をチェックするだけで、いつも聴いている曲の歌詞の英語表現の意味が理解出来るようになり、普段の音楽タイムがより実りの多い時間となります。

(※留学する予定やTOEICを受験する予定があるとまた学習目的は違ったものになってくるかと思いますが、今回はあくまで通学時間を無駄にせずスキルアップのために活用するという目的で学習方法を選んでいます!)

②ニュースチェック

自分たちが生きている日本社会で起きている出来事、そして世界のことを知らないまま生活をしているなんて、少し怖くないですか?

「社会のことを知るには、まず新聞を読もう」という声もよく聞きますよね。

しかし、通学時間の長い実家生は朝起きるのも下宿生や寮生よりも早く、朝、家で新聞をゆっくり読んでる時間があったら家を出るギリギリまで寝ていたい!という方も多いのではないでしょうか?

そんな方にオススメしたい通学時間活用はスマホで出来るニュースチェックです。

  • スマートニュース

https://www.smartnews.com/ja/

価格:無料

朝日新聞デジタルや読売新聞、毎日新聞などの大手新聞社のニュースから、東洋経済オンラインなどの経済ニュース、日刊スポーツなどのスポーツニュースのほか、芸能ニュース、コラムまで、あなたの年齢や興味に合わせてさまざまなジャンルのニュースを1つのアプリで見ることが出来ます

通学時間にSNSをチェックするよりも、ササッとニュースをチェックして今世界で起こっていることを知る方ほうが、自分たちの住んでいる世界をより面白く感じられるのではないでしょうか?

③資格勉強

最後にオススメするのは資格勉強です。

「就活には資格を取っていた方が有利だよ。」これもよく耳にするフレーズですよね。

実際のところ、企業の履歴書やエントリーシートに資格を記入する欄は存在しますし、専門性が高いことは、たとえそれがどんな分野だとしても必ず自分の強みになります

しかし、いざ資格を取るために勉強をしようと決心しても、そのための時間はサークル、アルバイト、友達と過ごすために消え、資格勉強は二の次なってしまいがちです。

そこでオススメするのが通学時間を活用して資格勉強をすることです。

1回2時間などのまとまった勉強時間を取ることは難しいかもしれませんが、毎日同じ時間に繰り返し勉強をすることができるというのは知識の定着にも繋がりますし、継続した学習も可能になります

株式会社CBT-Solutionsが運営するサイト「日本の資格・試験」によると、これから需要が高まる資格ランキングは

1位 TOEIC(R) Listening & Reading Test

2位 介護福祉士

3位 介護支援専門員(ケアマネージャー)

4位 実用英語技能検定(英検)

5位 ファイナンシャル・プランニング技能限定 / ファイナンシャル・プランナー (AFP/CFP(R))

参照:日本の資格試験 < https://jpsk.jp/article/ranking2018_1.html >

という順位でした。

他にも、日商簿記検定などの実用性の高いものや、世界遺産検定防災検定など、知っていると役に立つような検定資格も多くあります。

せっかく毎日勉強時間を取ることができるこのチャンス、資格取得のために当ててみませんか?

いかがでしたか?

家から大学が遠い実家生たちにとって通学時間は一見無駄な時間にも思えます。

しかし、一度視点を変えてみると、毎日決まった時間訪れる通学時間は、最高のスキルアップのチャンスなのです。

あなたも通学時間の長さを嘆くより先に、スキマ時間を活用して自分の力に変えてみませんか?

まとめ


・毎日決まった時間に訪れる「通学時間」は絶好のスキルアップのチャンス!
・英語学習、ニュースチェック、資格勉強などを取り入れてみよう